1: ニライカナイφ ★ 2019/01/18(金) 13:21:56.14 ID:D39f52Aa9
    ◆ 堀江貴文氏、ファンに「死んだほうがいい」 その理由に「器が小さすぎ」と批判の声
     ~ホリエモンこと堀江貴文氏がファンのコメントにブチギレて話題に…。

    ■「ウニと和牛の最高のマリアージュ」

    和牛のおいしさを世界に広めるためにWAGYUMAFIA(和牛マフィア)のユニットを結成して活動している堀江氏。
    この日も「#美味しくないわけがない」「#ウニと和牛の最高のマリアージュ」とウニと和牛の料理を投稿した。

    https://www.instagram.com/p/Bsp-Q2IBlCD/?utm_source=ig_embed

    ■「死んだほうがいい」と辛辣コメント

    そこへ、ひとりのユーザーが「素朴な疑問 や、やさい食べてますか?」と質問。
    堀江氏が和牛の写真ばかりアップしていることから、しっかりと野菜を食べているのか心配になったのだろう。

    すると、堀江氏はこのユーザーに対して激怒。

    「ホントクソな質問だよな。お前死んだ方がいいよ」と切り出し、肉の写真をアップしているのはインスタグラムで和牛を広めたいからと主張する。

    そもそも野菜は好きで子供の頃からたくさん食べているが、それをインスタグラムにアップすることは「クソの役にも立たねーだろ」とまくしたてる。
    そして「良薬口に苦し的な文脈で野菜を食べた方が健康ですよって上からマウントでクソコメント送るなボケ。二度と来るな」とつづった。

    ■「めちゃめちゃキレてんじゃん」と心配の声

    堀江氏の怒りに、ユーザーは「大変失礼しました そういう上からマウントでというつもりで聞いた訳ではないですが不快な気にしてしまいすみませんでした」と謝罪。
    「こんなクソみたいな質問にちゃんと返信くださる堀江さんは流石です」とコメントと向き合う堀江氏に感謝を示した。
    これら一連の流れを受け、他のユーザーからは「キレすぎ」「器が小さい」と疑問の声が寄せられている。

    「死んだ方がいいとまで言うようなことでしょうか?堀江さんの方が、野菜は食べないのは悪いと言われているその価値観を過剰に気にしすぎでは」

    「そのくらいのコメントごときでめちゃめちゃキレてんじゃん。やば」

    「器が小さい」とのコメントが寄せられているが、堀江氏は「器とか別に小さくていいだろ。なんでクソを受け入れる必要ある?」とさらに反論した。

    ※続きは下記のリンク先でご覧ください。

    しらべぇ 2019/01/17 14:30
    https://sirabee.com/2019/01/17/20161965992/
    https://sirabee.com/2019/01/17/20161965992/2/

    ▼やり取りの画像。インスタ
    no title


    ■ 前スレ(1が立った日時:2019/01/18(金) 00:44:19.28)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547775187/

    【『野菜食べてますか?』→堀江貴文『お前死んだ方がいいよ。お前クソ?野菜を食べた方が健康ですよって上からマウントとるなボケ』 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/17(木) 12:49:13.64 ID:2MI8h/AG9
    第2部は歴代ワースト3位

    日本テレビの幹部は、真っ青になっただろう。2018年の大晦日、看板番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 年越しSP! 絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!」(午後6時半~午前0時半)の視聴率が低迷していたことが分かった。

     ***

     まずは、その数字だが、午後6時半からの第1部が14.3%、午後9時からの第2部が12.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)という結果だった。

     NHK「紅白歌合戦」の裏番組における視聴率ランキングという観点からは、9年連続の1位を死守した。

     とはいえ、前回17年の視聴率は第1部が17.3%、第2部は16.3%。比較すると第1部は3ポイント、第2部は3.5ポイントも下落してしまった。

     ちなみに、「絶対に笑ってはいけない」が大晦日に放送されるようになってからの歴代視聴率で、第2部の12.8%はワースト3位、第1部の14.3%はワースト4位に位置する。まさに記録的な低視聴率だったのだ。

    「紅白」とマンネリ競争? 

     近年、「紅白」の視聴率が最も悪かったのは15年。星野源(37)、ゲスの極み乙女。、Superfly、レベッカなどが初出場を果たした第66回で、第1部が34.8%、第2部が39.2%と共に40%を割り込んだ。

     だが、ここを“底値”として、「紅白」の視聴率は右肩上がりに回復している。先の折れ線グラフにある通りだ。

    「絶対に笑ってはいけない」が紅白の“ライバル”であることは論を俟たない。初めて大晦日に放送されたのは06年。それ以来、年々視聴率を上昇させてきた。

     興味深いことに、グラフからは「笑ってはいけない」が「紅白」の視聴者を奪ったわけではないことが分かる。確かに「紅白」の視聴率は減少しているが、「笑ってはいけない」の上昇率は、それを上回っている。

     2000年代後半は、いわゆる「若者のテレビ離れ」が取り沙汰された時期だ。「紅白」と「絶対に笑ってはいけない」は、共に視聴者をつなぎ止める役割を果たしていた。実際、「両方を行ったり来たりして見ている」という方は、今でも少なくないだろう。

    「笑ってはいけない」が頂点を迎えるのは13年。「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時」は第1部が19.8%、第2部が17.2%という視聴率を記録した。サプライズゲストとして、当時は広島東洋カープに所属していた前田健太(30)が出場した、と説明すれば、思い出された方もいるに違いない。

     だが、この年をピークとして、「絶対に笑ってはいけない」の視聴率は右肩下がりで減少していく。一体、何が原因なのだろうか。前出の日テレ関係者が言う。

    「ここ数年は数字が悪く、更に今回はワースト記録の視聴率に終わってしまいました。理由として、まず松本人志さんが55歳となり、奥さまやお子さんと幸せな家庭を築いていることが挙げられると思います。画面のどこかに、“いい人”や“よき家庭人”の雰囲気が滲み出ています。若い頃の笑いに貪欲だった姿とは、比較になりません」

    1/17(木) 7:31配信 新潮 全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190117-00555189-shincho-ent

    【【テレビ】《ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!年越しSP!》川口春奈だけが面白かった!視聴率低下で“保守的すぎる”の声wwwwww 】の続きを読む

    1: Egg ★ 2019/01/17(木) 12:54:30.71 ID:2MI8h/AG9
    ヴィッセル神戸は17日、元日本代表DF伊野波雅彦と2019シーズンの契約を更新しないことを発表した。

    伊野波は宮崎県出身の33歳。2006年に阪南大学からFC東京に加入すると、鹿島アントラーズ、ハイデュク・スプリト(クロアチア)、ジュビロ磐田を経て、2016年に神戸に加入した。2018シーズンの明治安田生命J1リーグでは10試合に出場。日本代表としては21試合に出場して1得点を記録している。

    伊野波は神戸を通じて「ヴィッセル神戸のファン、サポーターの皆さま、応援いただきありがとうございました」とコメントを残した。

    1/17(木) 11:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00010002-goal-socc

    【【サッカー】《ヴィッセル神戸》元日本代表DF伊野波雅彦と契約しないことを発表!昨季はリーグ戦10試合に出場 】の続きを読む

    このページのトップヘ